東大阪工場オープン

職人のつぶやき

※写真クリックにて拡大できます。

久しぶりの司会進行・・・。

2017/08/19

ビーテックBP事業統括の「松岡」です!

皆さん、「残暑お見舞い申し上げます!」この業界に入って早くも40年の歳月が「あっと言う間」に流れていきました。もう40年以上もやってるんか?と自分でも疑ってしまう。歪み取りや調色スピードや塗装技術はまだまだ若いもんにゃ負けません!大阪府自動車車体整備協同組合(車体協)主催での勉強会が行われた、内容は見積研修である。一昔前は「手書き見積」が当たり前だったが、最近はパソコンの普及から「見積ソフト」なるものが開発されて、「より早く、より正確に、より明確に」見積が行われお客様や各保険会社様とやり取りをする。

その為には保険会社様と同じ見積ソフトを使ってお互いがやり取りをすることで、かなりの時間短縮になる。

それが「コグニ7」(旧アウダ7)でありますが、このソフトも使いこなすのに少し苦労する。導入しても使いこなせないと意味がないので「車体協」としても、コグニのメーカーさんを呼んで講習会を企画したら結構な人数が参加した。その司会を今回任されて少し緊張した。(前日に散髪も行った・・・)

IMG_6814   IMG_6816

定員オーバーで満席、コグニさんから全ての席にPCを用意して頂き実例方式で一緒に「見積」をしていく。冒頭に今回の勉強会は「3.000円」の会費を頂いているので、「皆さん、今日は最低2.000分はしっかり勉強して帰って下さいよ!1.000円は弁当代なので」(会場:笑!)

質問コーナーで、誰も質問しないので、代表して「ちょっと聞きたいんやけど、見積ソフトに入っている指数についてやが、最近の車を頭に浮かべてみてや、フェンダーとバンパーの大きさが最近は逆転してないか?

IMG_0882例えばこれ「ヴィッツ」のフェンダー「37.000円」

IMG_0883同じ車のFバンパー「21.000円」どちらも塗装代の話。

誰が見ても、バンパーの方が大きい。うちの孫(4歳)に聞いても「じっちゃん、バンパ~!」って言うたで。なのに何故バンパの塗装代のほうが安いの?このソフトは本当に正確なのか?

ましてや、バンパーには数か所のダクト穴があるので非常に作業的にも高度になるでしょう。しかしこの問いにコグニさんは明確な答えは出してくれなかった・・・。本日私(松岡)は司会進行役を任せれているので、進行を止めてしまってはマズイのでこの位にして次に進めた。

しかし、おかしいと思うことはドンドン声に出して行かなければいけないと思う。「材料代も手間も」同じまたはそれ以上にかかっているのに何故未だにバンパの塗装代の方が安いのか理解に苦しむところである。

しかし、この見積ソフト「コグニ7」は、写真画像も見積も一緒に、保険会社に送ることができて、お互いがその画像と見積をみて打ち合わせをするので非常に明確に、より早く協定ができる、ただ正確なのかに疑問が残る。

お客様のお車を、完璧に復元出来るように料金を出すのが見積であります。これも「より早く、より正確に、より明確」に出しましょう。わし(松岡)を進行役にしたら、セミナーが途中中断してしまうのでこれからは参加者として頂きたいものです(笑)。今回セミナーに機材導入から講師に至ってお世話になりました、コグニビジョン㈱の小林講師には改めて御礼申し上げます。「ありがとうございました!」