東大阪工場オープン

ビーテックニュース

※写真クリックにて拡大できます。

メッキグリル大人気!

2017/11/18

以前に、ハイエースのメッキグリルを「クロームメッキ調」に加工させて頂いたお客様が、「グリルだけでは物足りなくなったので全てのメッキパーツもやってくれるか?」とご来店。

IMG_1101少し濃い色にブラウン系も調合しているので微かに「ゴールド」っぽく反射するようになっている。これと同じ色にしたいと依頼。

先ずは、フロントのトヨタマーク(エンブレム)で何回かの色合わせ、「よし!ばっちり色が合った!」これで行こう!となり各部品を外して一気に仕上げた。当然一つ一つのパーツが仕上がった後はいつものように「塗装ブース」で30分ほど70℃で焼き付け乾燥と贅沢な工程。バッチリ成功。

IMG_1102  IMG_1106

両サイドのドアハンドル。細部にまでしっかりと定着している。凄い「高級感と重厚感!」

IMG_1103   IMG_1104

IMG_1105リアーゲートの、トヨタマーク(エンブレム)から「HIACE」とナンバープレート上部のガーニッシュ。メッキ部分の全てをクロームメッキ調に仕上げた。

以前に仕上げたフロントグリルと全く同じ色に合わせるのに少し苦労したが、「オリジナル感」が半端やない。当然お客様は「大満足」。これほどにイメージが変わるものなのか!と。「あっぱれ!」

<編集後記>

事故車両を修復するだけが「鈑金塗装工場」ではないと感じる瞬間です。お客様の愛車の「オリジナル感」を引き出す為に、ワンポイントペイントでここまで変わるのですね。最近は国内メーカの新車デザインも何かオリジナル感が無くなってきたように思いませんか?しかし自分だけの個性を出す為にこのワンポイントペイントはこれから流行ってくるような気がします。正しく「ナンバー1(ワン)」ではなく「オンリー!(ワン)」ですね。

(撮影・編集・文責:辰巳寛一)