東大阪工場オープン

ビーテックニュース

※写真クリックにて拡大できます。

士気を高める「ユニフォーム」で意識改革!

2018/06/11

ユニフォームの意味を調べてみると「制服」・「スポーツ選手等がチーム毎に揃えている運動着」・最後に「軍服」と書いてあった。

国内の企業では最近この「ユニフォーム」を貸与している企業が激減している。また学生の制服も今は私服になっている学校が多い。

しかし、よくよく考えてみると、学校を選ぶ、職種を選ぶ、会社を選ぶ、チームを選ぶ基準の中には「ユニフォーム」も少しは考える方も多いのではないだろうか??

その企業(団体)の顔となる制服(ユニフォーム)も、パリッと気持ちが引き締まるようなデザインだと「あの制服を着て仕事をしたい!」と思う若者も多いはず。その最たるものが「警察官」であったり、「自衛官」、「消防士」などがある。この度「ビジレンビーテック」のフロント陣も制服を会社から貸与することが決まった。

IMG_1491赤と黒で統一(ビジレンカラー)。

電話対応がメインではあるが、来店されたお客様が一目で「ビーテックスタッフ」と解るように統一した。事務所の中も明るくなった。お客様の所へ出張見積を行った時もかなりのイメージアップになるだろう。なによりもそれを着用するフロント陣の士気が高まった!団結感、お客様にも好評である。

鈑金塗装工場はいままで、お客様が直接来店はあまりなかったが、最近ビーテックでは一般のお客様が直接来店される。誰に声をかけたら良いのか分からないのではサービス業ではない。

是非この「真っ赤」なユニフォームを着ているスタッフに気軽にお声をかけて下さい。ホテル並みの対応とまではいかないですが、それを目指した対応を心掛けております。「いやっしゃいませ!ようこそビジレンビーテックへ!」。(取材・文責:辰巳寛一)